社会運動家の自伝

2011年7月 1日 (金)

『砂漠の女ディリー』 ワリス・ディリー (15)

■抵抗と決断

めちゃくちゃ面白い。自伝として秀逸、いろいろな読み方ができる。サクセスストーリーとしても読めるし異文化の出会い、一人の少女の成長物語、冒険譚、女性の社会的ありようなどいくらでも読み取り方はある。それぞれはサラリとした内容ながら複合的に絡まりあい、そこにファンタジー的面白さも合わさって本当に面白い。女性の見方あり方、感じ方も私には共感ではなく発見、新感覚として面白さに輪をかける。間違いなくおすすめ。

現実の話とは思えない。ほぼ同時代の現代にこのような世界が平行して存在している、まるで異世界の物語、ファンタジーか絵本かと思うほど。アフリカからアメリカへ、まるで過去から未来への急激なタイムスリップを体験しているようにワリスは生きている。結果をみれば薄っぺらく安っぽいサクセスストーリーとも見える。なんら成功の形も想像できないまま生き、漠然と所謂サクセスを手にする。ワリスは大きな成功が欲しかったわけではない、目の前のほんの小さな成功にかけ続けただけなのだ。つまり、いくらか楽観的ながらも、かすかな挑戦の繰り返しがワリスをここまでつれてきたのだといえる。ワリスの場合は一歩一歩が大きかったが、案外サクセスを手に入れる人というのはこういう些細な挑戦の繰り返しでのぼりつめていくものなのかもしれない。可能性の感じられないなか、それでも挑戦できる人だけが成功をつかめるのか。

人間関係の重要さも感じられた。実際に決断し行動するのは自分だが、ワリスの転機には必ず人が大きく関わってくる。自分だけでは話がまるですすまない、人が運命を連れてきて繋げてくれるのだ。考えると当たり前なのだけれど、つくづく人間は単独では生きられず、社会的に生きるものなのだなぁと思った。人との接し方は女性的なこずるさ、自己中心的な面ばかりが書かれていたが、そういった面だけでは判断がしづらい、書かれていないワリスの人付き合いにこそ重要なところがあるように感じる。女性による人付き合いの本を読みたくなった。

私の価値観とワリスの価値観の違いも面白い。生きてきた状況が違うとはいえここまで違うことに凄さを感じる。ワリスの成功のあり方も考え方からして違うようだし、素朴という感情もどちらかというと私には悲惨に片足をつっこんだ状態に見える。豊かかどうかも関係あるだろうが、それ以上に発想のスタートが違っていておもしろい。アフリカに行くと人生観が変わるに違いない。恐いけど必ず行こう。

FGMの問題についてはこれから、といったところで終わり。文化、宗教、現代的価値観で判断していいのか、とか色々思うけれどやっぱり私は現代人みたいです。根絶したとしてもこういった問題に取り組むときの姿勢って難しい。善悪は切り離せないし、その時代の主流派でごりおしするのは前時代のごりおしと何が違うのかわからない。理屈の問題も宗教と絡めれば間逆から成立させることもできちゃうだろうし。感情も時代によるだろう。むずかしすぎてよくわからない。そんなこと考えるのがそもそも無意味なのかもしれないしね。

女性がどんな風にこの自伝を読むのかにも興味がある。

★自伝評価
・オススメ :■■■■■
・役立ち   :■■■■■
・面白い   :■■■■□
・感動     :■■■■□

2011年6月 8日 (水)

『奇跡の人 ヘレン・ケラー自伝』 ヘレン・ケラー (5)

■学ぶことのすべて

風景描写がこの自伝には多い。物に対する手触り、匂い、暖かみの描写はわかる。しかし見ないとわからないような事が表現されている。三重苦のヘレンにこのような表現ができるのか。最後までいくらかの疑いは晴れなかったがヒントはあった。‘実はいまでも自分の考えと、本で得たものとの区別がきちんとつかない。これは、私が手にする印象の多くが、他人の目と耳を介するためだろう。‘なるほど、だからヘレンの描写するものは物語的なのだ。嘘のようによくできた描写も借り物だとすれば納得がいく。借り物の表現の継ぎ接ぎで彼女の外の世界は表現されているのだ。さて、だとすると疑問がわく。私達とヘレンの表現に違いがあるのだろうか。表現は同じでも表現しているものが違うことはあるだろう。けれど、表現する際の考え方は同じはずだ。手順は一緒のはずだ。表現の継ぎ接ぎなのだ。これが言葉の効果なのだと気づかされた。見えないヘレンと見える私達、着眼点の違いも面白い。

他の自伝にある自分自身の過剰な美化ともいえる部分がヘレンの場合には見える、分かることの過剰表現になっているのだろうか。三重苦な彼女の興味関心がそこに集まるのも当然ともいえる。

ヘレンの幼い頃のかわいらしさといったらない。アメリカにおける良い家柄の豊かな生活のなかで育つヘレン。三重苦だなどとはとても信じられないくらい元気なのだ。田舎、広い庭、暖炉、召使い、遊び相手、花にぬいぐるみと暖かい家族。そこで気持ちを伝えられないことにいらだちながらも元気に過ごす少女。こころ温まるというのはこういうことなのかと思ってしまう。愛情あふれる環境で育つヘレンを好きにならずにはいられない。

学ぶことについて分かることが非常に多い。説明するのは難しいのだが学ぶことの本質をこんなに捉えている本は今までみたことがない。学ぶことがヘレンの場合直接的に生きることと関係し、積極的に世界と相対することになるからだ。全文通して学ぶ意欲、意義、理由などその姿勢に気づかされることは多い。

★自伝評価
・オススメ :■■■■□
・役立ち   :■■■■□
・面白い   :■■■□□
・感動     :■■■□□

2011年6月 7日 (火)

『自叙伝・日本脱出記』 大杉栄 (4)

■ナイーブさがエネルギーに変わる

自己分析ができないわけではない、ただ他者の分析が苦手なのだ。想像力が少し足らないのかもしれない。自分の行動からどんな結果が出てくるのか。その時にはわからない。自分の行動を振り返り、抑えられなかった動機も含めて分析される。しかし独り善がりなのだ。神近の分析もされる。しかし結果として刺されている。(解説によればこの自伝が出版された直後神近から事実の描写についての反論もでている。とすれば彼女に対する描写、分析は脚色が施されているのではないか。)どことなく芝居がかっていて、わずかな脚色が積み重なっているようにも感じる。

自伝からは豪快な大杉が想像される。しかしわずかに書かれるナイーブな自分という部分が彼の本質なのだろう。猫を残酷に殺したりする異常さが本質ではない。ナイーブさを覆うために無理をする、勇気があるように振る舞う、ナイーブな自分とありたい自分とのぶつかりから彼の行動はでているのではないか。初めて牢屋に入れられた時の描写が大杉の性格を特に表していると思う。

大杉のナイーブさはどこからくるのか。何かしらのコンプレックスが関わっていそうだがわからない。親との関係にヒントがありそうな気もするが想像の域をでない。

監獄の中の話は楽しい。捕まって拘束されている悲哀はあまり感じられず、気の合う仲間達とまるで寮で楽しく暮らしているようにさえ感じさせられる。勉強し労働し看守と賢くコミュニケーションし出た後の計画を練る。誰かが抜けても定期的に別の新しいメンバーが寮に入って来て新陳代謝もよさそうだ。現代なら外国人留学生まで入ってくるだろう。へたな寮外の人々よりもよほど充実して生きている。

日本を出る話もまた楽しい。ミステリのようなおもしろさがある。なにせ大杉は本物の国家を相手にしているのだから単純にみえる行動にもドキドキさせられる。尾行もつくし密航もする。国単位ではない、思想単位での同志とのありかたもおもしろい。日本人の同士ではなく中国、朝鮮、ヨーロッパの同士の方に共感したりする。時代を考えるとこういう関係もあったのかと思わされた。

★自伝評価
・オススメ :■■■■□
・役立ち   :■■■□□
・面白い   :■■■■□
・感動     :■■■□□