« 『つぶれた帽子 佐藤忠良自伝』 佐藤忠良 (19) | トップページ | 『半生の記』 松本清張 (21) »

2012年2月25日 (土)

『世界青春放浪記1&2』 ピーター・フランクル (20)

■人は人で磨かれる

いや、やっぱり外国人の自伝はおもしろい。土台になる背景が違うからいちいち斬新で新鮮味を感じる。ピーターの祖国はハンガリーなのだけれど、彼は「外国人」という存在としては特殊な人生を歩んできている。外国人の中の外国人とでも言おうか。国というものに対してかなりフラットな状態で、こんな風に国家に影響されながら生きて、しかも国家から距離感を感じる人物に興味を惹かれないわけがない。ぎりぎり一般人の大冒険といった波乱性も、もしかしたら私も同じように生きられるのではないかという妄想をかきたててくれる。

この自伝の最大の特徴は人との出会いということになる。普通の自伝は自分の所属先に拘束され、そこでの出来事や成果についてその過程などが軸になって展開される。しかしピーターの自伝は違う。ピーターの出会った人の紹介から始まりその彼と何をしたか、どのような影響を受け自分はどう変わりどう行動したかが書かれている。ピーターの人生はピーターだけのものではないのだ。様々な影響を与え合い、ひとつの作品のように現在の彼ができている。だから遠回りのように見えて、実際彼の人生を振り返る時なくてはならないことを盛り込むと、このように多くの出会いと別れを書くことになる。

とてもおもしろい自伝なのだけれど、人によっては不快感を覚える部分もあるだろう。きっと日本人の感性にあわないのだ。他人は使えない自分だけが使える特権を行使する、というのは日本ではとても嫌われている。コネに嫌悪感を抱く人は多く、要領良く乗り切るのはずる賢い印象を受ける。日本人の最も嫌う卑怯に近い。この辺とても難しい所で、私とは育った環境も違い安易な非難はできない。他にも性的な話もある。愉快に書いてはあるが結構内容は卑劣である。やはり読み手を不快にさせる部分がこの自伝にはある。しかし自伝という形式でそこに踏み込んでいるという点で、外国人だということを差し引いても、この自伝は大変価値のあるものだと思う。(好ましくないなとは思いつつ、痛快に思う部分も大変多かったことは書いておく)

私はこの自伝をとても評価したい。評価したいというと偉そうだけれど、自伝を書く人はピーターのように誠実に自分の人生と向き合い、そして正直に書いてもらいたいと思う。書かなくてもいいよな、と一瞬躊躇するだろうことも書く。それが自伝に対する誠実な向き合い方だと思う。

小賢しいガキんちょのビルドゥングスロマン、愉快で楽しくちょっとズルいそんな感じ。真面目な内容にエロもあるよ。良い自伝です。

共産主義、東欧、ユダヤなんかに興味がある人にも面白いかも。

★自伝評価
・オススメ :■■■■□
・役立ち   :■■■■□
・面白い   :■■■■□
・感動     :■■■□□

« 『つぶれた帽子 佐藤忠良自伝』 佐藤忠良 (19) | トップページ | 『半生の記』 松本清張 (21) »

学者の自伝」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1519050/44258850

この記事へのトラックバック一覧です: 『世界青春放浪記1&2』 ピーター・フランクル (20):

« 『つぶれた帽子 佐藤忠良自伝』 佐藤忠良 (19) | トップページ | 『半生の記』 松本清張 (21) »