« 『これでいいのだ―赤塚不二夫自叙伝』 赤塚不二夫 (16) | トップページ | ずいぶんと »

2011年7月15日 (金)

『ボクは算数しか出来なかった』 小平邦彦 (17)

■算数だけでも

なんというか、嫉妬する。おぼっちゃまというのはずるい。恵まれた環境でのびのび育ち、
考える基準もそこで培われる。逸れるとしてもたががしれていて、悩むにしても余裕があ
り、他人への悪意が感じられない。悪意がないから困る。だからこういう自伝を書くのだ。
妬むこちらが惨めになる。

起こった出来事の振り返りが中心で中身はスカスカ、数学研究と趣味の音楽を取り除いた
ら何ものこらないんじゃないか。学者の履歴書としてはいいのかもしれないけれど、数学
者としての経歴ばかり、もっと色々あったでしょうに。生きる上での信条、信念といった
ものはまるで触れられず、苦労してない感じばかりが残る。

役人の親の元、モラトリアム人間よろしく成長し、戦中もさしたる苦労もせず親に頼る始
末。戦後の立ち直りもトントンのトンと進んでいく。当てのない論文を書いていたという
のは評価できるところかもしれないが、実体はそれしかできなかったというだけのことで、
戦争という現実から目を背けていただけではないのだろうか。そもそも日本の戦争もどこ
か人事みたいだしね。役人の息子は違いますな。戦中、いいタイミングで教授職に就き、
戦後もあっさり渡米する。私のぼんやりと知る戦争体験者の話とはまるで違う。やはりこ
ういうものなのか。

親の差、親の作った環境の差。専門バカになれるだけの環境は誰にでも与えられている訳
ではないのだ。努力してないとは思わないけれど、違いすぎて虚しくなった。おぼっちゃ
まは非難もしづらい。強いな。

★自伝評価
・オススメ :■■□□□
・役立ち   :■■□□□
・面白い   :■■□□□
・感動     :■■□□□

« 『これでいいのだ―赤塚不二夫自叙伝』 赤塚不二夫 (16) | トップページ | ずいぶんと »

学者の自伝」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1519050/40821721

この記事へのトラックバック一覧です: 『ボクは算数しか出来なかった』 小平邦彦 (17):

« 『これでいいのだ―赤塚不二夫自叙伝』 赤塚不二夫 (16) | トップページ | ずいぶんと »