« 練習 | トップページ | 『在日』 姜尚中 (1) »

2011年6月 3日 (金)

どんなことかというと

これから読む人のためにも本の内容紹介は極力避け、読んで私が思ったことを書くようにしています。ですから多少の脱線はありますがなるたけ自伝と私との交点から離れないようにしたいと思っています。

著者それぞれの活躍した分野に精通しているわけではなく、常識として知られていることでも分からないことの方が多いのでトンチンカンなことを書いたりしています。

ありきたりな綺麗ごともわかっていながら書いてしまったりします。

自伝の批判は人物批判に受け取られてしまう場合が多いとは思いますがそういう意図はなく、一面的な自伝の範囲内での内容や構成の批判のつもりで書いています。

自分の人生を降り返った時、それぞれの出来事に後から意味を見出し、その出来事の結果どうなったのか、そしてどのように生きたのか、どう思っているのか、といったことから、生きることの意味を見失いぎみの自分に役立たせたいと思っています。

起こった出来事を羅列するだけの自伝は好みではありません、起こったことに対して著者がどう思ったかといったところに最も興味があります。

自分と世界との距離間がおかしく感じられるものもあまり好みではありません。

あるまとまった一定の期間の自分の人生を自分又は聞き書きで書いているものを自伝だと思っています。評伝は読む気がまったくありません。旅行記や冒険記、留学記、戦争体験記などは含まれるのですが、とりあえずはめぼしい自伝を読みきるまで外しておきます。

なんとなく目標がないとつまらないので100冊読んでみようかと思っています。わかりやすいしね。

« 練習 | トップページ | 『在日』 姜尚中 (1) »

言い訳 初めてお越しの方へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1519050/40253698

この記事へのトラックバック一覧です: どんなことかというと:

« 練習 | トップページ | 『在日』 姜尚中 (1) »