« 『在日』 姜尚中 (1) | トップページ | 『夢酔独言』 勝小吉 (3) »

2011年6月 5日 (日)

『なんでそーなるの!萩本欽一自伝』 萩本欽一 (2)

■自分も含めた観察日誌

読むと欽ちゃんを嫌いになる。けれどそれが自伝に対しての誠実さとなっている。自伝に
対して誠実であることは自分の人生に対して真面目に向き合って書いた証拠ともなってい
て、その姿勢だけで欽ちゃんを好きになる。こういう自伝私は好きです。

他人を受け入れることができる柔軟性が欽ちゃんの魅力なのだろう。読んでいくと欽ちゃ
ん本人に強い我があるのがわかる。けれど他人から影響されることもすごく多い。我が強
い人は他人の意見なんかあまり聞かないものだと勝手に思っていた。でもそうじゃないら
しい。欽ちゃん本人にこんな厚みを持たせているのは他人なのだ。流されて他人を受け入
れるのとは違う。強いものがより強くなる感じといえばいいのか。強い我が他人を受け入
れる。

出てくる人がみな魅力的で楽しい。小説ではないから同じ人が優しかったり酷かったりで、
憧れる反面絶対関わりたくないようにも感じる。もちろんそれは欽ちゃんも同じで興味深
くておもしろい。人に対していろんな感情が混ざる。でも成立してるんだよね。欽ちゃん
の観察力の賜物なのかな。

自伝評価
・オススメ :■■■□□
・役立ち   :■■□□□
・面白い   :■■■□□
・感動     :■■□□□

« 『在日』 姜尚中 (1) | トップページ | 『夢酔独言』 勝小吉 (3) »

表現者の自伝」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1519050/40269268

この記事へのトラックバック一覧です: 『なんでそーなるの!萩本欽一自伝』 萩本欽一 (2):

« 『在日』 姜尚中 (1) | トップページ | 『夢酔独言』 勝小吉 (3) »